繰り返し処理

Access VBA 繰り返し処理 Do Loop文

繰り返し処理 Do Loop文

Do~Loopの間に書かれているプログラムを規定の条件まで繰り返し、処理を行います。

Do Loopを使用したプログラムの例

Private Sub コマンド0_Click()

Dim CN As ADODB.Connection
Dim RS As ADODB.Recordset

Set CN = CurrentProject.Connection
Set RS = New ADODB.Recordset

RS.Open “T_社員マスタ2013”, CN, adOpenStatic, adLockOptimistic    ‘*1

Do Until RS.EOF       ‘*2

MsgBox RS!名前      ‘*3

RS.MoveNext           ‘*4
Loop                       ‘*5

MsgBox “以上!”  ’*6

RS.Close: Set RS = Nothing
CN.Close: Set CN = Nothing

End Sub

プログラムの説明

*1 テーブル「T_社員マスタ2013」を開きます。

*2 Do Loop処理開始    EOF(ファイルの末尾)まで処理します。

*3 「T_社員マスタ2013」の「名前」フィールドの値をメッセージボックスに表示します。

*4 次の行へ移動します。

*5 *2 へ戻ります。

*6 「T_社員マスタ2013」の「名前」フィールドの値を全て表示したら処理は終了です。