SQLの基本

Access VBA SQL INSERT INTO文 追加クエリ

SQL INSERT INTO文 追加クエリ

INSERT INTO table1(フィールド1,フィールド2,・・・) VALUES(値1,値2,・・・)

table レコードを追加するテーブル
フィールド 値を追加するフィールド
値  追加する値

プログラム例

Private Sub コマンド0_Click()

Dim SQL As String

SQL = “INSERT INTO T_社員マスタ2013(社員コード, 名前, 性別) VALUES(‘0999’, ‘田中一郎’ , ‘男’) ”        ‘*1

DoCmd.RunSQL SQL           ‘*2

End Sub

プログラムの説明

*1 テーブル「T_社員マスタ2013」のフィールド「社員コード」,「名前」,「性別」にそれぞれ「0999」,「田中一郎」,「男」を追加するSQL文

*2 SQLを実行します。

SQL文で追加クエリを作成するためには「INSERT INTO」を使用します。
INSERT INTO句で追加したいテーブル名を指定し、テーブル名の後に()でデータを追加したいフィールド名を指定します。
追加するデータはVALUES句で指定しVALUES句の後の()内に追加したいデータを記述します。データを追加するフィールドやデータが複数ある場合は「,」で区切ります。