SQLの基本

Access VBA SQL SELECT文 選択クエリ

SQL SELECT文 選択クエリ

SELECT文のプログラム例と説明です。

プログラム例

Private Sub コマンド0_Click()

Dim CN As ADODB.Connection        ’*1
Dim RS As ADODB.Recordset
Dim SQL As String

Set CN = CurrentProject.Connection
Set RS = New ADODB.Recordset

SQL = “SELECT ”                                                 ‘*2
SQL = SQL & “T_社員マスタ2013.社員コード, ”
SQL = SQL & “T_社員マスタ2013.名前, ”
SQL = SQL & “T_社員マスタ2013.性別 ”
SQL = SQL & “FROM ”
SQL = SQL & “T_社員マスタ2013 ”
SQL = SQL & “WHERE ”
SQL = SQL & “(((T_社員マスタ2013.性別)=’男’));”

RS.Open SQL, CN, adOpenStatic, adLockOptimistic     ‘*3

Do Until RS.EOF                                                     ‘*4

Debug.Print RS!名前                                               ‘*5

RS.MoveNext
Loop

RS.Close: Set RS = Nothing
CN.Close: Set CN = Nothing

End Sub

プログラムの説明

*1 ADOを使用してデータベースに接続します。

*2 SELECT文を使用したSQL文です。
テーブル「T_社員マスタ2013」から「性別」フィールドの「男」を抽出します。

*3 SQLを実行します。

*4 Do~Loop処理でEOF(ファイルの末尾)まで抽出を繰り返します。

*5 イミディエイトウインドウに抽出結果を表示します。

SQLのSELECT文を使用すれば、「Find」や「Filter」を使用するよりも検索時間が短時間ですみます。SELECT文はAccessクエリで作成する「選択クエリ」と同じものです。
SQL文の書き方は別記事でも説明していますのでこちらも参考にしてください。