データベース作成

Access VBA データベース作成2 テーブルの作成

データベース作成2 テーブルの作成

実践データベース作成の第2回目はテーブルの作成を行います。
今回はあくまでもVBA学習の為のデータベース作成なので簡単にテーブルを準備しますが実際にデータベースを構築する場合は最も重要なポイントになりますので、テーブルの構築には時間をかけて下さい。

社員のデータベースを作成しますのでテーブル内のデータを何にするかを検討します。
1.社員コード → 社員個々に割り当てられるID
2.名前
3.性別
4.所属部署
5.入社日
これくらいでしょうか。
性別と所属部署はコード番号にして、別の各マスタのテーブルも作成したほうがよさそうですね。
実際に必要なテーブルは・・
・社員マスタ
・性別マスタ
・所属部署マスタ
とします。各々のテーブルをリレーションで繋ぎ表示するイメージです。

テーブルの作成

では、実際にテーブルを作成します。
社員マスタは「T_社員マスタ2013」にしました。

sakusei04

性別マスタは「T_性別マスタ」にしました。

sakusei06

テーブル内のデータです。

sakusei07

所属部署マスタは「T_所属部署マスタ」にしました。

sakusei05

テーブル内のデータです。

sakusei08

ここまで出来たら「T_社員マスタ2013」にもサンプルとしてデータを打ち込んでみましょう。

sakusei09

性別コードと所属部署コードは先ほど作成した各マスタのコードで使用しているデータを打ち込みます。

クエリの作成

各テーブルがリレーションを組めるかどうかの確認をする為にクエリを作成してみます。

sakusei10

性別コードと所属部署コードをそれぞれ繋ぎ、クエリを実行してみます。

sakusei11

きっちりと表示されていますね。

少し駆け足になってしまいましたが各テーブルの作成が終わり、クエリを組んでみても問題なく実行出来ましたのでテーブル作成はこれにて終了になります。

こちらの記事もおすすめ!